日田商工会議所 会頭 十時康裕



『日田市を再起動しよう!』



日田商工会議所
会頭 十時 康裕

平素より商工会議所活動にご支援、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて今、日田市は全国の市町村と同様に、人口減少、若い人の流出に伴う高齢化、主要産業の停滞など沢山の課題を抱えております。このような問題を乗り越えて日田市を元気にして行きたいと思います。文化、食、自然など日田市には沢山の資産があります。これら持てる資産をフル活用すればもっと活性化できると思います。

まず 「文化遺産の活用と観光開発」
一昨年4月、咸宜園が日本遺産に認定され、昨年は日田祇園の曳山行事がユネスコの無形文化遺産に登録されました。華麗で優雅な祇園山鉾の集団顔見世を、現在木曜日に行っていますがこれはもったいないことだと思います。ユネスコからも認定された素晴らしい祇園の集団顔見世を土曜日にしてもっと沢山の人にみてもらえば喜んでいただけます。関係者の皆様は大変なご尽力が必要だと思いますが、是非ご協力を頂いて日田市発展の為にご支援をお願いします。

次に 「日田市の物産を外に売り込む」
日田には梨、焼きそば、しいたけ、鮎、その他多くの物産があります。これらの物産を外に売り込むマーケットを広くとらえることが大切です。日田出身で県外に住んでいる方がたくさんいます。この人達をネットで結んで日田の物産を売り込めないかと思います。
ネットを活用します。

「商工会議所会員事業所の支援強化」
現在会員事業所は約1800事業所であり、経営指導などの支援を行っていますが、今年は市のビジネスサポートセンターや金融機関と連携してこの経営指導を充実したいと思います。会員の皆様が元気になることが市の経済の活性化に繋がります。

「地域づくりと経済の活性化」
商工会議所の使命は地域経済を元気にすることです。本年も会員事業所、市民の皆様にとって「身近な会議所」「なくてはならない商工会議所」であるべく全職員が一丸となって事業活動に取り組む所存です。皆様の一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。